中川歯科医院|歯科/歯医者/インプラント/審美歯科/口腔外科/義歯(入れ歯)

歯科用CT

blog

歯科用CT

QRコード

歯科衛生士募集中

ホーム»  歯科用CT

当クリニックでは、最新鋭の歯科用CTスキャンを導入しています。

CTとは

CTは実際に切断しないと撮影出来ないレントゲン像をコンピューター処理で見られるようにしたレントゲンです。
今までのエックス線画像では、二次元での診断しかできませんでしたが、CTでは三次元の立体画像で診断ができるため、今まで見えなかった部分が容易に確認でき、従来のレントゲン撮影法よりも正確で精密な診断が可能になりました。
CTは歯だけでなく、顎の内部構造や上顎洞の形態、粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できるので、今まで分かりにくかったところも見落とすことなく治療することができます。
この画像は、診療室のカウンセリングコーナーや各チェアーに備え付けられたモニターに映し出すことができ、患者様にもご確認頂いています。また、短時間のX線照射で撮影が終了するため、患者様の負担を軽減することができます。

CT撮影によるメリット

・正確な診査、診断

平面から立体(3D画像)で口腔内を見ることができるので、そこから得られる正確な情報により診断を行い、患者様に対して適切に治療内容を説明することができます。備え付けのモニターを見ながらのカウンセリングが可能なため、治療内容を視覚的に理解することができ、納得したうえで治療を受けることができます。


・より確実で効率のよい治療

顎の内部構造(骨の高さ・厚みや神経管の位置)や埋伏歯と周囲の歯や神経管との立体的位置関係を容易に確認することができ、より正確で効率よく安全に処置が行えます。またインプラント治療の場合、埋入方向や深さなどをあらゆる角度から審査・診断・シュミレーションすることが可能になり、より安全で的確に治療を行うことが可能になりました。


・安心、安全な撮影

歯科用CTは従来の医療用CTとは異なり、放射線量を10分の1以下にまで軽減できます。
CT撮影にご不安をお持ちの患者様もどうかご安心ください。

 

インプラント治療以外にも有効!

<歯周病治療>

歯周病が進むと、細菌の感染によって歯を支える骨が溶けてしまいます。
CT画像は骨や歯の周囲の状態を正確に把握できるため、患者様にとって有効的な治療法を提案させていただくことが可能です。


<根管治療>

歯の神経や歯根に潜む細菌をきれいに取り除く、根管治療。
CT画像では、根の本数や神経の入っている管の方向、そして位置を正確に把握することができます。また、細かい根の破折も発見できるので、早期治療が可能になります。


<親知らずの抜歯等の口腔外科治療>

親知らずの抜歯には、神経との位置関係や周囲の炎症の状態、歯の向きや大きさなども考慮して治療を行う必要があります。
そのため、CTによる3D画像で診査・診断することで、より安全で的確な治療が行えます。

当院の導入する最新鋭歯科用CT「AUGE(オージェ)」

当クリニック導入の歯科用「AUGE(オージェ)」は、唯一の国内メーカーである朝日レントゲン工業株式会社製の高精細画質のコーンビームCT装置です。CT撮影だけでなくパノラマレントゲン写真の撮影も行えます。
撮影は椅子に座って行い、頭の周り機械が一周するだけで終了します。
短時間で鮮明な画像を得ることが可能です。